言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
アンチエイジング
身体
発毛外来
その他

目の下のシワ・たるみ取り

目はお顔の中で最も人を惹きつける部位であり、また老けた印象を与えやすい部分でもあります。

昨今特に目の下のふくらみやたるみを気にされている方が非常に多く、特に下眼瞼脱脂による膨らみ改善は弊院でもほぼ毎日施術を行う人気のある施術の一つです。

手術では、状況により目の下の脂肪や皮膚、筋肉を取り除いて、肌の張りを取り戻します。
また、軽度の場合はFGF注入により簡単に改善することが可能ですので、何か疑問がございましたら随時電話にてお問い合わせ下さい。

下眼瞼脱脂

こんな方にお勧め

  • 目の下に脂肪の膨らみがある
  • 目の下に膨らみとたるみが両方ある
  • 目の下の脂肪の影で疲れた印象に見えてしまう

施術方法

状態が軽度の場合は、FGF(線維芽細胞増殖因子)注入により改善できる場合もありますが、ある程度の加齢による脂肪のたわみや皮膚のたるみは、脂肪取りの手術が有効になります。
手術方法は、たるみや脂肪の状態により単体で行う治療や、組合せによる治療など様々です。

下眼瞼脱脂

下眼瞼脱脂は、下まぶたの裏側(あっかんべーをした時に見える赤い部分)を数ミリ切開し、膨らんだ余分な脂肪を取り除いていきます。この場合は抜糸が必要なく、30分ほどで施術が終わるかなりお手軽な手術です。目の下のたるみ、膨らみでお悩みの方にはとてもおすすめです!

下眼瞼脱脂+FGF注入

脂肪が前方に突出しているが、たるみが軽度の場合、下眼瞼脱脂で余分な脂肪を取り除き、へこみやシワの部位に、FGF(線維芽細胞増殖因子)注入でハリを甦らせます。

効果

脂肪の突出による影や凹みが改善されることにより、スッキリとした若々しい目元に生まれ変わります。

症例写真






施術に関して

持続性 原因となる脂肪を取り除く事で、長期持続が見込めます。但し、老化の速度が人様々なことから、治療後の状態を維持する期間も様々です。
手術時間 約60~90分程度。手術時間や状態により多少前後することがあります。手術は局所麻酔の日帰り手術となります。
術後のダウンタイム 腫れは1~2週間程度で落ち着いてきます。術後目の周辺に内出血が出ることがありますが、約1~2週間で消失します。
術後のケア 洗顔は翌日から水洗い可能です。但し、目の周りは触れないようにご注意下さい。
麻酔 局所麻酔・点眼麻酔
下眼瞼脱脂の料金 ¥270,000
下眼瞼脱脂+FGF注入の料金 ¥344,800

下眼瞼たるみ取り

こんな方にお勧め

  • 目の下のたるみがイヤ
  • 目の下が膨らみ、たれている
  • 目の下の小じわが多い
  • ハリのある目元を手に入れたい
  • 下まぶたにクマができて目立つ

施術方法

まぶたのシワ・たるみ取り

状態が軽度の場合は、FGF治療により改善できる場合もありますが、ある程度の加齢による脂肪のたわみや皮膚のたるみは、タルミ取りの手術が有効になります。
手術方法は、たるみや脂肪の状態により単体で行う治療や、組合せによる治療など様々です。

たるみが多く、皮膚の切除が必要な場合

下まぶたのまつげの生え際を、目頭から目尻にかけて切開し、目の下のたるんだ皮膚と筋肉を取り除きます。まつげ部分を傷跡が残らないように縫合して終了です。症状により、脱脂を併用して行います。

※後日、抜糸が必要です。

効果

目の下のハリが甦り、若々しい目元を手に入れることが出来ます。

施術に関して

持続性 もとの原因となる脂肪をとりのぞくことで、長期持続が見込めます。但し、老化の速度が人様々なことから、治療後の状態を維持する期間も様々です。
手術時間 約60~90分程度。手術時間や状態により多少前後することがあります。手術は局所麻酔の日帰り手術となります。
術後のダウンタイム 術後約1週間後に抜糸が必要です。アイメイクは抜糸後翌日より可能です。腫れ、内出血は1~2週間程度で落ち着いてきます。
術後のケア 洗顔は翌日から水洗い可能です。但し、目の周りは触れないようにご注意下さい。
麻酔 局所麻酔・点眼麻酔
料金 ¥378,000

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。